エモの名は。

エモの墓場

肌がマシになってきて改めて美容は健康が担保された上での余裕だと実感している

今すごく表題を実感しているので忘れないうちに書き留めておこうと思って。

最後かもしれないだろ、だから、全部話しておきたいんだ。

・・・・・・なにがだろう。

ちなみに「つらかった」「かなしかった」「健康は大事」という別になにも生まれない記事です。

記憶にある中で最も酷い肌トラブルを抱えた半年だった

Twitterでも定期でぴーぴー泣いてたのですが、半年ほど酷い肌トラブルに見舞われていました。部位としては頭皮、顔、背中、尻などのほぼ全身。私はアトピーではないものの、様々なアレルギーは一定レベルであり、疲れやストレスで悪化したのだと思われます。

特定の病名は付かない状態(急性XXXとかストレス性XXXの要はよくわからん、という状態)で、これもまぁストレスに拍車をかけました。

ざっくり肌荒れ時系列

  • 2018年2月~8月:頭皮が乾燥でかゆい&一部化膿する状態。同じ部分が膿んだ結果、一部に1円玉になるかならんかくらいのハゲができる。
  • 2018年11月~2019年1月:背中を中心に発疹ができ痛い&かゆい。患部が化膿することもある。できものが落ち着いついた頃から、乾燥による肌悪化が顕著に。
  • 2019年2月~4月上旬:花粉の影響で首~顔にかけて発疹ができる。治ったと思っても出来続けて発狂し、3月ごろから超怪しい皮膚科へGOする。

乾燥による肌荒れもつらかったのですが、直近2ヶ月程度は顔にぷつぷつと断続的にニキビなどが出てしまったため、ファンデはもとより、ロクにお化粧もできなくなり、それもそれでつらかったです。

仕事にも影響が出るレベルで悪化した

12月頃は炎症を抑えるために薬も強くなり、

薬を飲まないと痒くて仕事ができない

薬を飲むと眠くて仕事にならない

というブリーチポエムみたいな状態になりました。

BLEACH  5 (ジャンプコミックス)

BLEACH 5 (ジャンプコミックス)

 

薬の副作用なのか、湿疹のせいなのか常に微熱っぽい状態が続き、ぼーっとして集中力落ちてポンコツがさらにポンコツに。

当時の仕事がハイプレッシャー&長時間労働だったので、無理だよねーと上司ぴぴと相談し、年末年始の休みにくっつけてトータル1ヶ月程度の長めの休養を取りました。有給がね、40日くらい余ってたからね・・・・・・。 へへへ。

休んでもあんまりよくならない&先が見えないのでつら丸。

「無理が全力で寄り添ってくる」みたいな仕事状況から抜けたら即効回復するかなー?なんて安易に考えていたものの、休養で劇的な回復はしませんでした。

一番ひどい状況からは抜けられたのは幸いでしたが、低空飛行が続き「治るのかな?」という不安がずっと張り付いていて、心理的にもつらい状況が続きました。

1年ほど皮膚科に通っているものの、「最悪⇔マシ」 を行ったりきたりするばかりで抜け出せないことへのフラストレーションもすごかったです。ひどいときは自分のリンパ液によって、髪の毛が一部固ることもあり、自分では見えない位置だった分、怖くて外にも出たくなかったです。

頭皮の乾燥起因で皮膚が落ちてしまう症状があり、傍目にはフケに見えるため「不潔な人」って思われたらどうしようという恐怖心もありました。

頭皮がダメなので美容院もいけず、挙式後4~5ヶ月いけずの全力プリンに(挙式前も頭皮はやばかったものの染めないわけにいかないので、ずっとお世話になっている美容院でなんとかやってもらいました) 

かゆみという地獄体験&保湿しか解決策がない地道感

かゆみって非常に難しい症状で、しんどいのはもちろん、寝てる間に無意識にかいて悪化させてしまうなどコントロールが難しい身体反応だと思いました。

頭皮以外のかゆみ&乾燥対策には、私はウレパールプラスローション10が一番効果的でした。かゆみどめ成分が入っているのは大きい。

ただし、かいちゃってるとめっちゃ染みて痛いので、傷があるときはNGである。でも本当に助かった。

【第2類医薬品】ウレパールプラスローション10 100mL

【第2類医薬品】ウレパールプラスローション10 100mL

 

皮膚科処方のビーソフテンローション→ウレパールプラスローション10→キュレル乳液→ヒルロイド軟膏 をぬりぬりぬりぬりぬりぬりし続ける生活を真面目に続けたところだいぶマシになりました。

どうでもいいけど、ビーソフテンローションって覚えられなくて「ビフテキローション」などと呼んでいます。

こんな保湿命生活を1~2ヶ月くらい繰り返し、ウレパールプラスローション10は2~3本消費したはず。この工程がめんどくさぁ!って感じでしたが、自分が死ぬのでがんばった。 

健康状態がおしまいなので、美容なんて気にしてる暇がない

遠回りしまくって表題の話なのですが、肌に関して「健康」な状態から酷く遠い場所にいると、美容に気を回す余裕もなくなります。

物理的に無理(=染髪やメイク)といった部分もありますが、ずっと「調子が悪い」が続くのは、HP/MPが減り続けるような状況で、「よりよくなる」ための美容を気にする余裕は皆無。

ほぼ病気状態なので、「乾燥から脱する」「皮膚を保護する」という目的ででしかコスメを選べない&皮膚状態がよろしくないところにデパコス系を入れられるはずもなく、よくてアルージェ・キュレル・ミノンなどの低刺激ものが精一杯。これがまたテンションあがらないんだよなぁ!

結論:健康はだいじだなぁ・・・・・・

4月上旬からずいぶんマシになってまいりまして、新しく発疹ができることはマレになってきました。

頭皮のかゆみが定期的に出てしまう点がまだしんどいので、引き続きやばくない皮膚科とたまにやばい皮膚科に行く日々は続きそうです。

ただ肌の状態は良くなって最近会う人全員に「肌ツヤよくない?」といわれます。やったー!

まぁ休みを貰ってても、体は動くけど「不調」がずっと続いている状態っていうのは以外としんどい&環境を変えて悪化するとやばいから海外や長期の旅行に行く気にもなれない・・・って感じで、休みを貰ったのにアクティブに動けたわけでもないというのはわりと悲しかったです。

元気でお金がある状態で1ヶ月とかお休みしたいです。神様もう少しだけ・・・。

美容とかコスメとか、相変わらず好きだし楽しいのですが、「ああ、これらを普通に楽しめることって本当にありがたいなー」って思ったので、書いておきます。オチは特にないです。