エモの名は。

エモの墓場

気がついたら15キロ太っていたので必死でダイエットしている話。

なにが「気がついたら」だよ。怠惰な生活送ってたんだろ。

だまれ豚が。

いや、豚の体脂肪しってる?豚の体脂肪率15%だから。

お前は食肉にもならないし、フォアグラにもならない。

つまり、本当に「ただのデブ」だから。

 

うん。そう言いたい気持ちはとてもすごく良く分かる。

私だってまさか15キロとか太ると思ってないじゃないですか。

でもね、「気がついたら15キロ太っていた」としかいいようがないんだもん。

もー、今必死。

「このタイミングで痩せなかったら一生デブのままな気がする」という危機感がやばい。

あとアラサーまじで体重落ちない。痩せない。うける。

5ヶ月程度でマイナス8キロは達成したが、デブのまま

でも5ヶ月前は巨デブだったのが、今は小デブ程度になったんや・・・って自分を励ましてます。

「美容」<<<<(超えられない壁)<<<「健康」でのダイエット開始 

去年度末の健康診断で初めて「要注意」が出た。

今までどんなに酒を飲もうが、二日酔いで計測受けようが「再検査」やら「要注意」みたいな数値は出たことがなかった。

しかし、基本体重がオーバーしているということは健康上NG★なわけなので、さまざまな数値的にもヤばくなる。という時点で身長からはじき出される標準体重も当たり前にオーバー!YHEA!しびれる!

人は無意識にここまで太れるのか。答えはYES。

正確には「いやー太ったなぁ」とは思っているものの「どうでもいいや」と言う感じで思考停止で現実逃避していたのだ。

「太った」ことはもちろん脳内で認識しているものの、数値で見る現実が怖くて体重計に乗っていないし、伸びる服や体型を隠す服を着ているとあまり顔が丸くならない私は「なんとなくまぁ、どうにかなってる」みたいな感じであった。実際はなっていないのだが、明らかに「巨デブ」という状態じゃないと、自分も周囲もわざわざ言ってこない。

そんな感じで脳死していたら、いつの間にか

  • 前年度の健康診断+8キロ
  • 最も痩せてたころから比べたら+16キロ
  • 自分の完全デブゾーンからも+5キロ

の、デブ完全体がそこにいた。

YES,I'm a DEBU! Ya!

社会人になって最高値の体重がそこに。社会人ギネス更新。いや、本当にびっくりしたよね。わかってた。わかってたよ。

腹についた脂肪、ゆれる肉。もっさりとした顔。

でもさ、まさか8キロ太ってるとは思わないじゃないですか。

なぜここまで太ったのか。原因はSU・TO・RE・SU★

現代人の不調の9.5割の原因とも言えるストレス。これのせいです。

いやいやお前ストレスとかwwwなんでもストレスって言えばいいと思ってwwwっていわれても言うぞ。

もう余裕がないので、太ったとかを気にする次元ではなかったのだ。結構よく泣いてたし、本気で辞めたかったしわりとメンタル病んでたなぁと今振り返ると思う。

 

papapico.hatenablog.com

あとはストレスや、完全にOUT!な体重になったことによる体の不調やらで「美容」や「キレイ」にかける情熱や余裕が完全に0。

今現在は仕事が単純に忙しすぎてキレ散らかしてるけど、前はもっとずーんって感じだったので、より自分の「醜さ」への意識は向かなかったし、とにかく生きているのが精一杯であった。

ま、メンタル健やかになったら、「やべえ、痩せなきゃ」ってなりました。

が、アラサーのダイエットは学生時代とは違ってハードルがいっぱい★

  1. 落ちている代謝
  2. 単純な時間のなさ
  3. 生活にあるストレスの違い

これらと戦いながらやってかなきゃいけません。

食事制限とか、働きながらなんて無理。

学生時代とかならば、ダイエットだけ考えた生活とかできたわけです。

2ヶ月で8キロとかまあ普通に落とせてました。

しかし、今はそんなに暇じゃない。

  • 毎日2時間の半身浴(は?)
  • 毎日2時間のウォーキング(は??)
  • 18時以降は食べない(は???)
  • 毎日のストレッチ・筋トレ(・・・)
  • ガチの糖質・油分制限(・・・脳が・・・死ぬ・・・)

いや、まじでごめん。無理。

よざーたんが超絶ダイエットしていますが、あれはもちろんすごいながら、なぜできるのかといえば「全部ダイエットにかけられる」時間と余裕があるから。

毎日20時~26時くらいまで働いて、プラスのストレスとかまじで無理。無理。無理。

となったら、もう「短期集中でがんばる」は選択できないので、「長期期間できちんと落とす」にシフトするしかない。

付き合いの飲みや会食もある中で「1週間決められたものだけで過ごしてマイナス5キロ!」みたいな効果があるけれど縛りがキツイものはできない。

 

リセットダイエット―覚悟を決めて1週間!

リセットダイエット―覚悟を決めて1週間!

 

上記は学生時代にお世話になりめっちゃ痩せたけど、今は無理・・・。

 

そう、つまり地道な筋トレとゆるい食事制限で長期的に体重を落としつつ、筋肉をつけて代謝を上げるという超・王道パターンへのシフトを余儀なくされたのです。

ダイエットはつらいし、ぶっちゃけ飽きる。

私は意志が弱いので、もう生活に強制的に組み込まなきゃやってけねぇ!と思いましたので下記2つ、金の力と働きながらのルールでとりあえず乗り切っています。

  1. 自宅パーソナルトレーナー契約
  2. 平日は基本は1日1.5食程度のカロリー制限

1はたまたま探していたら、自宅周辺で妊婦さんや産後回復を中心にやっている自宅トレーナーの女性の方がおり、契約。

1回約7000円程度なのでちょっと高い習い事程度の感じで続けてます。

普通に楽しいし、あとなんといっても絶対にサボらないの、本当にいい。

2はもはやデスクでのコンビニ飯が恒常化or食べる暇がないみたいな状態なのもあり、「どうせ楽しんでとれる食事じゃないなら制限するか」という感じで、基本は炭水化物抜きか超ローカロリー食としています。

ローソンの蒟蒻麺の食べ物に味玉などを足して、たんぱく質をプラスして食べることが多いです。

f:id:papapico:20180817210038p:plain

土日とか、友達との予定は少なくとも5ヶ月はあまり制限してないです。

串カツ田中の食べ放題とか行ってたし。

体重に固執すると続かない。

これは本当に実感したのですが、私は最初の3ヶ月程度はマイナス3キロ程度にしかならず、食事も気をつけているのになぜ・・・ってなっていました。

が。

写真を定期でとって見比べると、全然ちがっていたんですね。

腕とか半分くらいになってたし、長州小力みたいな腹も、なんとかウエストが認識されるくらいにはなっていた。

f:id:papapico:20180817210746j:plain

(ごめんね、写真載せたいんだけどあまりにもあれだからそのうちnoteで出すね・・・)

週1程度の筋トレ(自分でもちょこちょこはやるが)でそんなに筋肉がついているわけではないんですが、サイズ的にはがんがん落ちていました。

なので、途中からは体重に固執せずに、写真で「痩せた・・・」などと自分を励ましてがんばりました。

実際別に私はアイドルではないので、48キロにならなきゃいけないイベント中なわけではなく、自分がデブじゃなくなり、普通に服やらを楽しめる状態になればいいので。

でも、「自分がしたい振る舞いをできる」というブレーキが外れるってことだから、大きいよねぇ。

まだ道は長いけど、とりあえず折り返しまできたからがんばる。

正直ベスト体重への道のりは長くてくじけそうなんだけど、あとマイナス5キロくらいは数字としても乗せたいのでしばらくまだがんばりまーす。

 

【国内正規品】Gold Standard 100% ホエイ エクストリーム ミルクチョコレート 907g (2lb)

【国内正規品】Gold Standard 100% ホエイ エクストリーム ミルクチョコレート 907g (2lb)

 

  

チャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック チョコレートブラウニー 2.27Kg [並行輸入品]

チャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック チョコレートブラウニー 2.27Kg [並行輸入品]

 

 チョコレートブラウニーはまじでおいしすぎて本当にこれただのおやつでありごほうび。